八千代市少年自然の家休止のお知らせ

八千代市では、耐震性が不足している公共施設の運営について協議検討を行い、現時点で耐震化が未定である施設については、市民等の安心安全の確保を最優先とするため、供用停止の対応を取ることにいたしました。これにより、少年自然の家は、令和2年4月1日(水)から、当分の間、施設の使用を休止いたします。宿泊学習等の団体の受け入れの他、主催事業(プラネタリウム一般公開、自然観察会、自然写真・スケッチ展、親子ふれあい自然体験教室)が休止となり、植物観察園、野鳥観察室も閉鎖いたします。大変ご迷惑をおかけすることとなりますが、利用される皆様の安全確保の観点からご理解いただきますようお願いいたします。 なお、少年自然の家のあり方につきましては、継続して検討しております。現在は、民間活力を導入した事業の可能性について調査を行っており、これらの結果等を踏まえ、方針を決定する予定になっておりますことを申し添えます。

言語を選択 »