5月12日,救命救急体験が行われました。

いざというときのために、救命処置(心肺蘇生法とAEDのつかいかた)について学びます。

消防士の方から一連の流れを聴いた後,班に分かれて講習を受けました。

最後まで消防士の方の話をしっかりと聞いていました。最後は代表生徒が,全体の前で実践しました。

一分一秒を争う現場に遭遇した時,冷静になり,周りと協力しながら対処することが大切です。今日の救命救急体験を経て,命の大切さをより深く学ぶことができました。

睦分署の皆様,本日はお忙しい中ありがとうございました。