今日は道徳科の授業を行いました。週に1回の道徳科の授業ですが,生徒たちは真剣に取り組んでいます。3年生は「あの日,生まれた命」という題材をもとに命の大切さについて考えていました。活発な話し合いが行われ,考えも深まっているようでした。さすが3年生と思う意見がたくさん発表されていました。3年生は学級担任以外の先生の道徳科の授業も受けられるようにして,信頼関係を深めています。2年生は「ジコチュウ」という題材をもとにお互いの立場や考えの違いを尊重し合うためにはどうすればよいかを考え,発表し合っていました。本校では,生徒の心を育てていくために,道徳科の授業を大切に考え取り組んでいます。生徒たちが題材の内容を自身のこととして捉え,考えを深め,発表し合う姿に大きな成長を感じています。ぜひご家庭でもお子様と道徳科の授業の内容についてふれていただければと思います。