今回は草花です。

4月にはピンク色の花を咲かせていたカラスノエンドウの種です。さやが黒くなります。それで「カラス」が名前についています。

4月に紹介したナズナに似ていますが,種の形など,違いがあります。マメグンバイナズナです。種がすもうで使う軍配に似ています。

ウラジロチチコグサです。春の七草のハハコグサ(ゴギョウ)の仲間です。黄色いきれいな花が母子草。白くて地味な花が父子草。葉の裏が白いのが裏白父子草。名前の付け方が面白いですね。

ジシバリです。くきが伸びて地面をしばっているように見えるので「地しばり」です。

花だんに咲いていたシランです。紫色だから「紫(しらん)」です。もともと日本の野山に咲く,野生ランです。よく見るとカトレアのような花です。

池の中に咲いていたスイレンです。

池のわきにはキショウブが咲いていました。五月の節句で飾る花しょうぶの仲間です。外国から来た植物で,田んぼのなどで見かけることがあります。

通学路で見かけたヘラオオバコです。葉の形がヘラの形をしたオオバコです。花が花火みたいですね。

身の回りにもたくさんの花が咲いています。興味を持ってみることで,たくさんの発見があります。