現況

現況

令和元年5月1日現在

在籍児童数

学年 男子 女子
1年 42 46 88
2年 41 32 73
3年 58 48 106
4年 52 52 104
5年 46 49 95
6年 65 59 124
合計 304 286 590

職員構成

校長 1 1
教頭 1 1
教諭 8 20 28
養護教諭 2 2
主事 1 1
栄養職員 1 1
環境整備員 1 1
調理員 8 8
合計 9 34 43

学区の概況

八千代市の西部に位置し、船橋市と隣接している。
成田街道を境として、高津地区の西北・大和田新田・緑が丘の一部を学区としている。
古くから酪農を中心に発達した地域であったが、平成8年4月27日東葉高速鉄道が開通し、それに伴う西八千代区画整理事業により様相が一変している。

学校のすぐ近くの八千代緑が丘駅を中心としたところの開発が急激に行われている。
そのため、児童数の増加および学区における住民の数も増加している。さらに,交通事情も変化し、交通事故に対する指導も重要な内容になっている。
大規模ショッピングセンターや映画館等もでき、生徒指導の面でも対策に取り組んでいる。

しかしながら、石神谷津等の自然が残っている所があったり、電車利用の校外学習がし易かったりと、「総合的な学習の時間」に生かせる地域性を有している。
平成22年4月1日にみどりが丘小学校と分離し、児童数も1000人を下回り、現在に至っている。

保護者・地域住民は、学校教育に対する関心が高い。
学校としては、このような保護者の気持ちや考えを正面から受け止め、真摯な態度で対応していくことが大切であると考えている。
秩序と規律があり、調和的な学校経営を行うことをめざしている。

PAGETOP
Copyright © 八千代市立新木戸小学校 All Rights Reserved.
言語を選択 »
テキストのコピーはできません。