今朝も寒い朝でした。何やら子どもたちがプールのフェンスにかぶりついています。何かと思ったらプールにきれいに氷が張っていました。手袋をしていても手がかじかむ寒さです。明日の20日は大寒です。一年の中で最も寒い時期と言われますが,まさにその通りですね。

 

1年1組の国語の授業。『みぶりで つたえる』で,音読の練習をしていました。身ぶりについて読んだり,身ぶりを使って話したりして,よりよい伝え方を考えることができるようになることが大きなねらいです。どこに何が書いてあるかをしっかりおさえるために,身ぶりを動作化しながら音読していました。

この単元を通して,今まで無意識に使っていた身ぶりや,人に伝えたいことをよりはっきりと伝えることができる身ぶりの効果について深く考えてみることは,伝え合う力を伸ばすことにもつながります。

 

昨日の2年生に続いて,今日は4年生の体育におじゃましました。さすがに4年生ともなると縄跳びの技のレベルも高く,チャレンジカードを見ながら,技の向上に励んでいました。

これが,「はやぶさ」という技です。見事ですね。これだけの回数ができる子はなかなかいません。

 

業間休みの第2グランドです。4年生対5年生,男女混合でサッカーをしていました。運動量が多いサッカーは,「冬のスポーツ」といわれています。声を出しながらボールを追ってグランドを駆け回っています。確かにみんなよく動いていました。

さて,この第2グランドですが,昭和60年(1985年)に造成工事が完了しました。安全上,小学校校庭のサッカーゴールが少なくなる中で,芝生の上で思いっきりボールを蹴ることができる阿蘇小の子は幸せですね。

 

最近少しずつ休み時間に「竹馬」をする子が増えてきました。体幹が鍛えられたり,小脳(平衡感覚)の働きを活性化させたりする運動としてなじみ深いですが,未経験の子にとってはかなりハードルが高いようです。乗りこなすためには少し時間がかかりますが,常に小脳は学習をし続けているとのことです。

私も久しぶりにやってみましたが,昔の感覚を取り戻すのに時間を要しました。思いのほか腹筋や背筋を使っていることを感じました。ダイエットのためにも,ときどき子どもたちと一緒にやってみようと思います。

 

まもなく締切です。よろしければ,ぜひご協力ください。