今朝,朝一番に突然放送が始まりました。どうやら児童会の人から全校のみんなへの「教師の日」のメッセージのようです。国際連合教育科学文化機関(UNESCO ユネスコ)は、毎年10月5日を世界教師デーと定め、教師が教育を行う権利や子供たちが教育を受ける権利の重要性について、認識や理解を求めています。日本でも、10月5日を「教師の日」として、 大人たちは、かつてお世話になった恩師に。子どもたちは、日頃自分と向き合ってくれる先生に感謝の気持ちを伝えるイベント等が広がっています。

阿蘇小学校では,児童会による放送でのメッセージとともに,サプライズの感謝メダルがすべての先生方に贈られました。何だか少し照れ臭い気持ちでしたが,うれしかったです。これからもがんばります。ありがとうございました。

 

今日も10月とは思えぬ強い日差しが日中照り付けました。こんな日は,けやきの木陰がオアシスですね。3年2組が図工の時間にけやきの木を描いていました。来年3月で閉校となる本校,148年間子どもたちを見守ってきた貫禄はさすがです。けやきの木も子どもたちとの別れを悲しんでいるのでしょうか・・・

子どもたちは,自分たちの想いを伝えるかのようにけやきの木をよく見ながら真剣に描いていました。

 

今日の給食は,「5年生のリクエスト給食」でした。5年生に最も人気があった『鶏肉のレモン煮』が出ただけではありません。今日のご飯は,先月8日に5年生自らが稲刈りをしたお米が使われているのです。5年生が,田植え・稲刈りをした新米の味はもちろん格別でした。

 

今日の3・4時間目,3年生が農業についての学習で,学区で農業を営んでおられ,本校の保護者でもある飯島さん宅をおじゃましました。キュウリ・キャベツ・ニンジン・ネギなど様々な野菜を作っておられ,種や農機具などを紹介していただきながら,野菜作りについて詳しく説明していただきました。

また,たくさんの質問にも答えていただき,キュウリを育てているビニールハウスも見せていただきました。ハウスの中は,真夏は50~60℃にもなるそうです。野菜作りの大変さもたくさん分かりました。今日は,お忙しい中本当にありがとうございました。