大和田の昔むかし

■はじめに
私たちの町「大和田」は古い歴史(れきし)の町です。大和田の名前は、江戸(えど)時代(じだい)庶民(しょみん)が力をつけ、旅行(りょこう)を楽しむようになってから知られるようになりました。大和田は成田(なりた)街道(かいどう)宿場(しゅくば)、大和田宿としてたくさんの旅人(たびうと)(むか) え、送り出しました。1863年(文久3年)の5月から6月にかけて、実に1436人の宿泊客(しゅくはくきゃく)記録(きろく)されています。 近江屋(おうみや)、中村屋、若竹屋(わかたけや)、東屋、舛屋(ますや)などの旅篭(はたご)(のき)を並べていたそうです。佐倉藩(さくらはん)殿様(とのさま)香取(かとり)(ぐん)多古(たこ)の殿様の行列(ぎょうれつ)も通り、本陣(ほんじん)もありました。

  
■道しるべ 
  いづな権現道(ごんげんどう)」と大きな意石(いいし)に深く(きざ)まれている。
天保4(1833)年のもので、
成田(なりた)街道(かいどう)から飯綱(いいづな)神社(じんじゃ)への道しるべです。飯綱神社の境内(けいだい)では、毎年「(いち)」がたち、近郷(きんごう)近在(きんざい)の多くの人々でにぎわったそうです
  
時平神社  
時平(ときひら)というめずらしい名前の神社が、大和田地区には3つもあります。「時平」というのは、平安時代前期の人で菅原道真(すがわらのみちざね)太宰府(だざいふ)左遷(させん)させた人物として有名です。この時平が祭神(さいじん)として祭られています。藤原時平(ふじわらのときひら)を祭る神社は、ほかに船橋市の二宮(にのみや)神社(じんじゃ)と習志野市の菊田(きくた)神社(じんじゃ)があります。これらの神社は七年に一度の大祭を一緒に()り行っています。 

時平神社(大和田)  北野天神絵巻(きたのてんじんえまき) 
 


 
 雷神(らいじん)と対しているのが時平
  
印旛沼と新川  

印旛沼掘割り工事の図(続保定記) 

 

 

印旛沼(いんばぬま)の水を江戸湾(えどわん)におとし、水害(すいがい)を防いだり荷物(にもつ)を船で運んだりするために、江戸(えど)幕府(ばくふ)は工事を5人の大名に命じました。天保14(1838年)のことです。このため、山形県、鳥取県、福岡県、静岡県、千葉県の貝淵(かいぶち)からたくさんの人が働きにきました。100万人以上の人が働いていたそうです。この工事のために二宮(にのみや)尊徳(そんとく)江戸町(えどまち)奉行(ぶぎょう)鳥居(とりい)甲斐(かい)(かみ)などの有名な人も大和田に来て泊まっています。しかし、難しい工事のため、途中(とちゅう)で中止になってしまいました。この工事は後の人にも引き()がれ、1969年に完成し、今は水害の心配もなくなりました。広々とした水路(すいろ)に、今たくさんの水鳥が遊び、市民のいこいの場所になっています。

  現在の新川
  

本ホームページの内容は、八千代市立大和田南小学校が著作権を有します。内容についての一切の無断転載を禁じます。
リンクについてはメールでお問い合わせ下さい。
 
Copyright © 2002 Owadaminami Elementary School. All rights reserved.  E-MAIL : fdainan@yachiyo.ed.jp